メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

2006年6月8日(木曜日)

文化財保護

カテゴリー: - kawamura @ 05時26分26秒

静岡県「中部地域支援局」がどうして取材にみえたのかは、
昨日のコメント欄をご覧になるとおわかりいただけると思います。

初倉知区で、史料や古民具を所有する方からのお問い合わせがあって
(それが具体的にどのようなものであったのかは存じませんが)、
どうもそのヒントを得ようとしてみえたようです。

指定文化財建造物の維持保存に苦しむ私の立場と、
史料や民具を地域に役立てたいとするその方の立場とは、
歴史や伝統の保存に意義を認めるという意味において、
志を同じくするものでしょう。

島田市内に、歴史文化を民間の力で後世に残そうとする
具体的な悩みをかかえた方がいらっしゃるとは、
おどろきでもありまた友を得たような気持ちです。

これから「文化財保護ボランティア」の創成にむけて、
「中部地域支援局」やその初倉の方とも力をあわせていければと思います。

kawai先生、maekawaさま、またeコミのみなさま、
昨年のセル交流会の成果でもある
「文化財保護ボランティア」や「文化財サポーターズクラブ」の実現にむけて、
ぜひご協力をお願い申し上げます。

また、みなさまは、具体的にどのようにしたらよろしいと思われますか?
みなさまのお考えを、率直にコメントいただければ幸いに存じます。

(石松さま、どう思われますか?)

「投稿記事の一覧表示」から文化財保護関連の記事をお読みになって、
参考にしていただければと思います。

(ところで、梅の実がうれた実をもてあますように、
 わずかな風にはらはらと落ちてゆきます。
 梅の実をお採りになりたい方はぜひお早めに。
 あと数日、と思います)


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.e-com-shimada.jp/cell15/modules/wordpress/wp-trackback.php/492

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.026 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress