メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

2006年7月2日(日曜日)

暮らしている遺跡

カテゴリー: - kawamura @ 08時33分13秒

河井先生の「暮らしている遺跡」とは、ほんとうにその通りで、
遺跡とはいえ、それは死んだ過去の遺物として
展示ケースにおさめられた人手のかからない模型ではないのです。

人びとはそこを訪れ、草木は生い繁り、風雨にさらされた建物は日々傷んで、
放っておけば崩れおちてゆくだけです。
こまめに世話をしなければ美しい花は咲かないように、
歴史的文化財も絶えまなくやさしく世話をしてやる必要があるのです。

私たち夫婦は、自身が日々暮らしてゆくように、
「御林守河村家住宅」の世話をしながら暮らしています。

どなたかお仲間になっていただけませんか?

やまももやなしや、きんかんや山芋や、たけのこや梅や、
数えきれないほどのたのしみもありますから、
みなさまいかがですか?


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.e-com-shimada.jp/cell15/modules/wordpress/wp-trackback.php/517

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.024 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress