メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

2006年7月21日(金曜日)

石川喜一郎様

カテゴリー: - kawamura @ 07時26分04秒

島田市指定文化財「河村家住宅」をとりまく建築物の崩落について、
石川喜一郎様から、強力な援護のコメントをいただきまししたので、
できうるかぎり正確にこれにお答えして、実際の陳情書にしようと思います。

この日記をご覧の皆さまのなかに、さらにこのようにしたら、と思われる方がいらっしゃいましたら、
匿名でも結構ですから、コメント欄にてご教示いただければ幸いです。

とくに、島田市関係者の方からのご助言をお待ちしております。

以下、石川喜一郎様のご質問にお答えします。
*************************

  脇屋の屋根の修理について

1)現在の文化財指定されている建物、構築物の範囲指定を調べてください。

答)  母家だけです。

2)本屋(主屋)のみなのか、脇屋とか蔵も含めて文化財指定されているのか確認をしてください。

答)  1)と重複いたしますが、母家だけが指定されています。

3)指定対象構築物の場合、現状の状態を、写真や専門家の判定又は査定を付して説明書を提出します。

答)  指定されてはいないのですが、指定文化財の周辺建造物につきましては、
    平成15年12月に、下記の報告書が提出されています。

    「河村家住宅調査報告書<平成15年度 町指定文化財「河村家住宅」詳細調査業務>」
    この調査報告書は、金谷町文化財保護審議会の決議にもとづいて、
    静岡県伝統建築技術協会が、数ヶ月をかけて詳細調査したものです。
     
4)修理費の見積り取得
 現状を修理する費用、(工期、人工、材料費)を積算した見積書作成を工務店等に依頼する。

答)  修理費が補助される可能性があれば、見積書作成を依頼したく存じます。
    見積書の作成は無料であろうと思いますので。
    
5)出来れば脇屋の内部に格納してある、設備や製茶機械等の歴史的価値や重要度を記述する。

答)  前出の調査報告書に、詳述されていますのでこれからシリーズでその内容をUPします。

6)機械設備の名称、製造年月日、製造会社名を台帳にまとめる。

答)  これらは、お茶の郷の学芸員の方が、すでに調査済みと思います。

7)これらの資料を添えて、市の教育委員会宛に提出して、予算措置を陳情します。
  必要であれば、市議会議長宛の陳情書を作成します。

答)  周辺構造物に関しましては、文化財指定されていませんので、
    受理されるかどうかあやぶまれるところです。
*************************

以上、石川喜一郎さまのご質問にお答えいたしましたが、
皆さまのご意見をお聞かせ願えれば幸甚に存じます。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.e-com-shimada.jp/cell15/modules/wordpress/wp-trackback.php/534

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.025 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress