メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

2006年8月1日(火曜日)

河村家住宅調査報告書(7)

追記

敷地は、北側の川に沿って高く積まれた石垣や東側畑境の石垣、
南から西にかけて敷地を区切る山裾の低い石垣に囲まれている。
屋敷造営の際に施工されたと思われ、河村家の屋敷構えを特徴付ける重要な要素である。
.
.
また、屋敷入口から主屋までのアプローチの2ヶ所に分けて敷かれた石畳は、
町史跡であるである旧東海道の石畳にも似た雰囲気を持って特徴がある。
.
.
.
.
さらに、主屋前の広場と前庭を区切る塀は、現在台風被害によって撤去されているが、
主屋上手の「奥座敷」に出入りするための門扉が付いて接客空間を形作り、
この座敷に面して「前庭」と呼ばれる池を持つ庭園を設けて、格式の高さを表している。
.
.
また、主屋の後にも池を持つ「裏庭」を設け、
二つの池は裏山の絞り水を集める溜池の役目も果たしていると思われる。
屋敷全体は、入り口から奥の「米倉」、「地の神様」まで段々上がっていく、
土地の高低に合わせた巧みな構成であり、
建物と合わせて総合的に整備活用計画を立てることが望ましい。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.e-com-shimada.jp/cell15/modules/wordpress/wp-trackback.php/549

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.064 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress