メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

2006年9月28日(木曜日)

山の木

カテゴリー: - kawamura @ 09時17分26秒

山の木々を売ろうとする人たちは、山の木のことを立木(りゅうぼく・たちき)と呼びます。
父が亡くなったあと、立木の売り方を母から学びました。
何度もふたりで山へ足をはこんで、まず、どの木が売り物になるのかを教えられたのです。

根っ玉勝負で、根っこにちかい一番太いところから幅のひろい良材がとれますので、
そこに太い枝もなく(つまり製材したときに節目がでないということです)、
まっすぐに伸びているかどうかをみるのです。
枝が極端に多いとこれはまた希少価値が出て来て高く売れますし、
斜面に生えている木はどうしても根っ玉が曲がりますから高くは売れません。
根っ玉だけでもまだまだいろいろな見方があるのです。

つぎに、丈三(じょうさん)といって、一丈三尺、つまり約4mの材木がとれる長さを、
ひとっくる、と言って、それがその木からいくつとれるかを、高い木を見上げて決めるのです。
この木は六つ、これは七っくるくらい、というふうに見きわめる訓練です。
母とふたりでしずかな山のなかを歩きながら、私が「これは○くる、あれは○くる」と言うのを、母が評価するのです。
ぱっとみてそれを決められるようになるまでには、しばらくの日数を要しました。
思えば25年ほど前のことになります。

つぎに目通りといって、大人の目の高さで、幹に巻き尺をまわしてその木の太さを測るのです。
ですから、売り手、つまり山主はなるべく背のひくい人を出して、山すその方に立たせて測り、
買い手は背の高いひとが斜面の上から測れば細くなるのもですから、それを基準値にして立木の体積を計算すると、
売り手と買い手では石高(体積)に大きな差が出るのです。
なんともアバウトな世界でしたが(笑)、いまでもそうしているのでしょうか。

これ以外にも、樹皮についた苔の様子、きつつきのこと、通し柱といってあまり太くない木で、まっすぐに一階と二階を貫いて使える材のことなど、
立木の売り方についてたくさんのことを母から教えられました。

杉の木の育ちやすい土地、檜に適した土地、かえって広葉樹の方が経済効率の良い山など、
教えられた母の言葉が、想い出の森のむこうから木霊してくるようです。

これらはうろおぼえのところも多いので、おそらく関係者の方がこの文章をご覧になれば、滑稽なところもあるでしょう。
母から教えられたことは、一冊のノートにしてどこかにとってあるはずです。
妻には一通り話しましたが、娘にもそれを伝えるために、いつかいちど赤字覚悟で、山の木を売るすがたを見せなければなりません。
国産材は、安価な外材におされてほとんど価値を失いましたから、いまは売り時ではないのですが。

それでも、いつの日か山が見なおされるときも来るでしょう。
その日のために、先代から口伝でつたえられた良材を見きわめるさまざまな方法を、子孫につたえねばなりません。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.e-com-shimada.jp/cell15/modules/wordpress/wp-trackback.php/586

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.026 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress