メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録

2007年1月23日(火曜日)

私利私欲?

カテゴリー: - kawamura @ 00時00分48秒

昨日の文化財関連の記事に、貴重なご助言をいただきました。
あたたかいお言葉をいただきまして、心より感謝いたしております。

ところで、その記事のなかに、
「私利私欲」という言葉が使われています。

この「私利私欲」という意味が、
文化財所有者である私ども夫婦には明確に理解できません。

おそらく、投稿された方にはあまり他意はないのでしょうけれども、
あんがいこの問題の本質を突いた言葉かもしれません。

そこで、

本件文化財維持問題に関して、
文化財所有者(私)の「私利私欲」とは何を意味するのか

この問題につきまして皆さまに、匿名でのご意見を賜りたいと存じます。

過去の記事も参考になろうかと思いますので、
下記URLをご一読下されば幸いです。
ほかにも「投稿の一覧表示」にも、文化財関連の記事が多数含まれています。

http://www.community-platform.jp/cell15/modules/wordpress/index.php?p=492
http://www.community-platform.jp/cell15/modules/wordpress/index.php?p=493
http://www.community-platform.jp/cell15/modules/wordpress/index.php?p=494
http://www.community-platform.jp/cell15/modules/wordpress/index.php?p=495
http://www.community-platform.jp/cell15/modules/wordpress/index.php?p=497
http://www.community-platform.jp/cell15/modules/wordpress/index.php?p=542
http://www.community-platform.jp/cell15/modules/wordpress/index.php?p=543

以下、昨日の記事と、ご助言とを転載いたします。

どうぞ、皆さまの忌憚のないご意見を賜りますよう
重ねてお願い申し上げます。

昨日の記事
*************************
文化財「河村家住宅」
カテゴリー: General- kawamura @ 08時40分18秒

しばらく病気にかまけているあいだに、
島田市指定文化財「御林守河村家住宅」は
たいへんなことになっていました。

あたり一面に竹が生え、
地の神様はほとんど毀れて、屋根が崩れおち、
米倉の屋根には杉の木が生え、
お蔵の庇の下には大きなスズメバチの巣ができ、
皆さまご承知のように脇屋の屋根は崩落して、
倒壊は目前になりました。

どうしましょう?

途方にくれています。
*************************

記事へのご助言
*************************
昨年11月、環境問題や古民家に熱い想いを抱いている仲間の紹介で
河村家を始めて外から見学致しました。

遠くからは、里山風が色濃く残る田舎風景の中に旧家の屋根がマッチングし、
素晴らしい光景でしたが、いざ近づき、前に立って見ると、
その光景は一変、凄まじい荒廃ぶりに目を見張り、驚きと落胆を隠せませんでした。

何故、こんなになるまで放置されているんだろうか?
何故、誰か支援しないのだろうか?
何故地元にこんな由緒ある建物があるのに知らん振りしているのだろうか?
疑問を持ちながら、私も何もやらずに今日に至りました。

再生や復興に向けて何が障害になっているのだろうか?

本当に河村さんが私利私欲なく立上ったら、
かなりの方が手を差しのべるのではないでしょうか。

有志を募り、先ず十分な話し合い、納得を得た上で、
片付け、修理、維持管理の仕組み作り
<資金問題が一番ネックかもしれない>
へとつなげてゆく。

河村さんは今、病み上がりで力仕事は無理のようですが、
有志の集まりのきっかけまでは力を振り絞って作るべきと思います。

頑張って下さい。 〆
*************************


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.e-com-shimada.jp/cell15/modules/wordpress/wp-trackback.php/636

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.029 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress